実夢日記

夢の記録をします。「実・夢日記」あるいは「実夢・日記」です。

2022年11月13日の夢(DNA玉デスゲーム)

20221113

カイジみたいなデスゲームを展開。黒くて米粒ほどに小さい「玉」に、事件の証拠のDNAが全て詰まっているから、それを与太作?から取り上げるために奮闘。黒い米玉を頑なにはなそうとしない与太作を廃れたビル中追いかけ回す。途中、与太作がビルの床を剥がし、コンクリを重機で固める。最深部に玉を隠される。終わった、ゲームオーバーと思う。与太作笑いが止まらない。

でも何故か数分後、玉は与太作の手元に。与太作逃げる。ビルの外は綺麗な海辺に繋がる。白浜辺が最終決戦の場。気づけば与太作は名前も変わり、変なセレブ嬢になっている。

「はいかいいえか当てるゲーム。ただし、絶対にえー と言ってはいけない

数度巧みに揺さぶられるが、えーとは言わなかった。そして「はい」と答え、セレブの落とした玉を手繰り寄せて観る。金色のメッキが剥がれ、黒茶の玉、本物だ。クリア。これで、不当に請求された借金をチャラにできる、心からほっとした。

 

デスゲームが終わるとエンディングが始まる。帰り道が流しそうめんのパイプ管ルートになっていて、ラーメンショップのつけ汁スーパーカップ(12個入り)を持ちながら麺を追う。これが絶品。つけ汁スーパーカップの事で周りにいた人達と盛り上がる。絶対売り切れる前にAmazonで確保しとかないと…と話し合いながら、川にかかる古き赤い橋を渡っている最中に、目覚めた。

2022年11月11日の夢(カレー他)

[1] 鉄鍋に入った大量のカレーを食べようとするも、調理の人に直前で止められる。

シナモンやら黒糖やらを目の前で混ぜられ、1晩寝かせるからまだ食べられないと言われる。そのままの味が良かったので軽く失望しつつ、明日は絶対にカレーを食べさせろ、と尋常ではない熱量で懇願する。でも翌日になってもカレーは出てこない。意気揚々とハンバーグ食べさせてあげるヅラしてくる相手に、「カレーは?」叫び続ける。

[2] 不審者に背後からつねられる係を担当する。

[3] 薄暗いカラオケボックスで歌謡曲を歌わされる。途中でメガネを踏んで壊す。コートに包み逃げるように帰る。

[4] 教室の後ろ隅に座る。窓から謎の記された紙やら呪いの紙やらがたくさん飛んでくる。

2022年11月10日の夢(地域の盆とラーメン)

20221110 0時睡眠、7時起床?

---

アントニオ猪木の代役で、なかやまきんに君などのスターが地域の古来伝統祭に来日するという事で、前日から町民やマスコミが会場に殺到して賑わう。日本の盆を感じる。

 

当日は体調不良?によりスターは現れず、人々は混乱。荒れた人混みの中をくぐり抜けるように自分は大きな青い旗を肩に担いで北へ行く。イベントにそこまで乗り気では無いのだが、町の北(本部)で何か指揮を取らねばならないという使命感だけはあるので蒸しんで北上する。

途中で町の熱気はフェードアウトしていき、昼頃は高校の文化祭レベルに。自分は道中でラーメン屋に入り、超濃厚なスープを啜る。美味すぎて、なんか全てどうでもよくなる。ラーメン食べたら祭は終いだ、と思う。

そのままいつの間にか寝ていて、起きたら教室?の中、翌日を迎えている?家族からの手紙が机に置いてあって、読もうとするも白で飛んで1文字も読めない。慌ててそこから抜け出し、バスに乗り、家族に電話をかけながらラーメン屋に向かう

と、ぬるっと夢から目覚める。

2022年11月8日の夢(牛乳パック壁のスケートリンク場)

20221108
23時就寝、3時起床。予想より遥かに早い、ただ疲れはしっかりと取れた目覚め。

-----
野外の特設コンサート場の中に居る。「特設」……特設も特設、牛乳パックやショートケーキの包装紙の紙材を四方に貼り巡らしたような白い薄い壁の括りの中、見えぬ巨大な掌に包まれているような空間の中だ。
小学校で同級生だったSと謎の人物(しかしTVではみたことある?)N?が駆け出しの声優?で、小さなイベントをやっている様子。Sとは深い親睦も特別な私情もある訳では無いのに、ハッキリとしたイメージで夢に出現している。
中央にたち、"牛乳パック壁の会場" の50人ほど?それ以上?の会場客を圧倒する声量で、これまた白い薄い紙に包まれたハリボテのマイクを握りながら、何やら演劇を披露している。真剣。よく見るとスケートを滑りながら?スケートリンクなのかここは?
謎の人物NはSについて行くかのように、しかししっかりと劇をこなしている。話の筋は掴めないが、「2分30秒」(この秒数は夢内ではっきりと描写)の演目を終える。

会場の雰囲気が変わる。暗闇に白スポット、紫。
ここからSとNの2Sトークコーナーがはじまるらしい。ムダに慌てふためくN、対照的に快活なS。何の思い入れもない出来事、光景なはずなのに、何故がずっと惹き込まれている。
この状態のまま目覚める。

2022年11月7日の夢(山小屋のトタン屋根)

20221107

裾野広がるだだっ広い野山に1人寝そべっていた。
いや、傾斜がかった山小屋のトタン屋根の上に横たわっているのか?日本の田舎風景の中、背中の接地面だけ人工的で涼やかな感触を半ば感じる。
この斜面を伝い全身ソリの要領でどこまでも足下方向へずり滑っていきそうな気分だ。その状況が心地よく、長らく穏やかな夢の世界の中にいた。

0時頃就寝、午前5時頃起床。
隣人の大きないびきが聞こえ、現実的には優良な睡眠環境とは言えないはずだったが、寝起きの体調も整っていた。

2022年10月の夢②

1022
病院のベッドの上でダラダラと過ごしている。前触れもなく一瞬の暗転を挟み、「術後」のシーンに切り替わる。先程と変わらぬベッドの上なのに、何らかの体調不良と手術で失っていた意識を取り戻した直後だと感じた。それと同時に、「今、シーンが切り替わったな」とも強く感じて、数分後には夢から覚めた。
これまでに一晩で複数のシーンの夢をみたことは何度もあったが、途中の記憶が抜けてしまったせいで区切れただけで、本来はひと繋がりの夢であるとずっと思っていた。
だが今回、初めて夢と夢の狭間と思しき瞬間(暗転)を捉えて、夢はオムニバス形式で流れるモノなのかもしれないと考えさせられた。

 

1023
目の前に長机、知らない数名、宴会のようなムード。「ビール係」の片山?山片?が、「体調の相談役」として登場し、各席を廻る。自分の元へ訪れ、もうビールも体調も関係ない雑談。

 

1027
ゲームの世界?(失念)

1028
他の能力を犠牲にしてすばやさを上げる技について考えを巡らしていた。その技を発動するために1ターン消費しなくてはいけないなら、結局技など使わない方が時間を有効に使えるのではないか、と熱く誰かに語りかけた。

 

1029
朝会の門限に厳しい校長先生の説教in 体育館

1030
かくれんぼ? 図書館とトイレの有効活用
建築の照度とヒトの光度感覚の関係を分析するためのグラフを作成
ボールのラリーの間に割り込んでくる少年(霊的)

2022年10月の夢①

1001 小学校の風景
1002 中学校の風景
1003 ???
1004 疲れのイメージ
1005 数学問題を解く
1006 家族を一人で待つ、宅配ピザ(エビのピザ、ミックスピザ、透明なピザ等)届く、シーンがブツっと変わり、せとうちしまなみサイクリングしている。

 

1008
正しいツッコミができるかクイズをしている。
カラフルなアラザンがまぶされたソフトクリームの写真が出題、正解は「原材料カラーコーンか!」。
撮影場所がバラバラの自然風景写真4枚が出題、正解は「富士山の新聞ばかり」。

 

1009
「ロバートのコント」として、今まで見た事もない劇の映像が流れる。
SF的世界、こちらに迫る蒸気機関車、馬場はメインVでも15%の出役。
ホラーテイスト、狂気の笑い。

 

1012 研究レポートやくだらない思いつきのメモを書く。

 

1013

「夏が終わる」というのに時が止まらない情景描写の夢  学園祭のようでもオリンピックのようでもあるイベントで、スタジアムの2階席に座る。 中央のグラウンドから打ち上がる花火を観て、夏の終わりを感じる。
皆感動しているはずなのに、打ち上がった途端に帰り支度をする。僕は知人にひきつられるように駅へと向かう。どこも帰り民で混雑している。時間は全く止まってくれない。

 

1014~1021 この1週間長いこと夢の記憶なし